ディレクターズスーツ

着用場面

「ディレクターズスーツ」は正統な昼間の準礼装です。 昼間催される、各種式典やパーティ、結婚式などの装いに着用されます。

  • 結婚式・披露宴・結納式
  • 国家式典から各種パーティ/レセプション
  • 入学式、七五三、音楽会、発表会
  • 格式のある葬儀、告別式など

コーディネートアイテム

ネクタイ

シルバー及びシルバーグレーの結び下げ(ネクタイ)が基本となります。

白黒の縞柄でもよいとされます。

弔事には黒の結び下げを着用します。

シャツ

白無地のレギュラーカラーで、袖はダブルカフスのものを。

弔事は白レギュラーカラーが良いでしょう。

ポケットチーフ

シルクか麻の白系チーフが基本となります。シルバーグレーでも可能です。

詳しくは「ポケットチーフのあしらい方」でご紹介します。

弔事には不要とされます。

ベスト

上着がシングルの場合は、必ずベストを着用します。

色は淡いグレーやシルバー、オフホワイトなどの無地系を。

上着がダブルの場合はベストを省略してもかまいません。

弔事には黒で、シングルのベストのほうがよいとされます。

サスペンダー

黒または、白黒の縞柄のサスペンダーを着用します。

カフリンクス

真珠や白蝶貝など、白い石のものをどうぞ。昼間の装いは、光る石を避けるのが鉄則です。

弔事の場合は黒に限ります。

ストライプド・パンツ

ブラックスーツに縞柄のストライプド・パンツを合わせます。裾はシングルが原則です。

ソックス

黒無地のソックス。または、白黒の縞柄を着用しましょう。

弔事には黒のソックスをはきます。

シューズ

黒のストレートチップが基本です。プレーントゥでもよいとされています。

弔事の場合の着こなし

ディレクターズスーツは、昼の準礼装。朝から、午後6時(冬は午後5時)までの装いです。

公式の式典、入卒業式、葬儀、告別式、などにおいても着用します。

ブライダルで招かれる立場の人に着て頂きたいフォーマルウエアです。